花郎(ファラン)

花郎【ファラン】韓国ドラマ第15話あらすじネタバレ感想!使節団になるのは?

真興王(チヌンワン)が王だと確信したムミョン!
隣国との和親のために使節団として向かうムミョンや花郎(ファラン)たちの運命は?!

Sponsored Link

花郎【ファラン】韓国ドラマ第15話の主なキャスト

★パク・ソジュン…キム・ソヌ(ムミョン)/花郎

★アラ…アロ/ソヌの義妹/語り部

★ パク・ヒョンシク…サムメクチョン/ジディ/花郎/新羅第24代王・真興(チヌン)王

★ソ・イェジ…スンミョン/サムメクチョンの妹/王女

★ チェ・ミンホ…キム・スホ/花郎/ソヌの友人

★ト・ジハン…パク・パンリュ/花郎

★キム・テヒョン…ソク・ハンソン/花郎

★チョ・ユヌ…キム・ヨウル/花郎

★キム・ジス…只召(チソ)太后/サムメクチョンとスンミョンの母

★ソン・ドンイル…キム・ウィファ/初代風月主、花郎の師

★チェ・ウォニョン…キム・アンジ/アロの父/ /医者

★キム・グァンギュ…ピジュギ/多易書(タイソ)の店主

★チャン・セヒョン…カンソン/不良貴族

花郎【ファラン】韓国ドラマ第14話あらすじネタバレ感想!王様は誰だ?花郎(ファラン)たちは王様はムミョン(ソヌ)かもと疑っています! ムミョンは真興王(チヌンワン)が王かも知れないと思ってきていますよ~...

花郎【ファラン】韓国ドラマ第15話のあらすじネタバレ

真興王(チヌンワン)の首元に刃を向けて「お前が王か?」と尋ねるムミョン。

真興王(チヌンワン)が「私は…」と答えようとした時、アロが現れて真興王(チヌンワン)を庇います。

「何の恨みがあるのか分からないけどやめて」と止めようとするアロの腕を間違って斬ってしまうムミョン。

アロの傷の手当てをしながら自分のせいでまた危ない目にあわせてしまって自分が嫌になると話す真興王(チヌンワン)。

スンミョン王女はムミョンに武術も剣術もなくて勝負運で勝ったと言い剣術を教えてやろうと提案しますが、ムミョンは断ります。

振られちゃったね…。

 

真興王(チヌンワン)を尋ねて「生きて王になりたければ余計な事はするな」と警告する只召太后(チソテフ)。

夜更けに1人で考え込むムミョンはウィファに「花郎(ファラン)の中に王様がいるのか?ジティは本当に甥か?」と尋ねます。

とぼけるウィファはムミョンに池の水を使って例え話をして建前だけで人を判断するなとアドバイスするのでした。

 

ヨンシルの部下と戦って勝利した事で花郎(ファラン)や大臣からも注目されているムミョン。

ヨンシル達はムミョンの命を奪う事は今は得策でなないと考えまたの機会を待つ事にするのでした。

 

「百済の地を侵す者は償いを免れん」と南扶余から脅しの掛け軸が届きます!

只召太后(チソテフ)に南扶余と戦をするのか和親するのかと詰め寄るヨンシル。

敵も警戒心を解くかもしれないと花郎(ファラン)を使節団として連れて行くようにと命令を出す只召太后(チソテフ)。

ウィファと話す真興王(チヌンワン)は「私は王になれるだろうか? 強くなりたい。だが隠れて暮らす王に誰が力になってくれるか?」と胸の内を話します。

ウィファは「神国が望むのは只召太后(チソテフ)ではなく王様です。理想の国をつくりたちのなら王座についてください。」と励ますのでした。

 

只召太后(チソテフ)はウィファに花郎(ファラン)の中から数名を選んで使節団として送る事を伝え、パンリュを使節団にいれるように指示します。

「決定は王様がすべきことです。」と反発するウィファでしたが、反論は許さないと言われてしまうのでした。

 

アロを避けているムミョンの前に立ちはだかり「なんで無視するの?これからも私のそばにいるんでしょう?」と話すアロ。

それでも何も返事しないでその場を去って行くムミョンの姿を見てアロは泣き出してしまいます。

 

真興王(チヌンワン)はもしも自分が王だとしても友になる事はできないかとムミョンに聞きますが「友がどんなものかお前は知らない」と拒絶されてしまいます。

真興王(チヌンワン)を優しすぎる~!

 

『停』の文字が書かれている只召太后(チソテフ)からの手紙を受け取った真興王(チヌンワン)。

今はまだなんの事か理解できないでいました。

スホは只召太后(チソテフ)からムミョンの事を守るように頼まれていました。

只召太后(チソテフ)に呼ばれたスンミョン王女は南扶余に行くように命令されます。
アロを連れて行く事を条件にしぶしぶ受け入れたスンミョン王女。

 

ウィファは花郎(ファラン)たちを集めて、これは試験の可否を問う事でもないし受け入れる義務もないと言いスンミョン王女と共に南扶余に行く使節団を募集すると伝えます。

花郎(ファラン)たちを前に「和親ために南扶余にいくが命の保証はない。しかし大きな名誉となる。失敗すれば神国はあぶない。」と言いアロを連れて行くと発表するスンミョン王女。

そして「私と共に南扶余に行くものはいないか?」と呼びかけます。

ムミョンが志願しないように祈っているアロでしたが、一番に手を挙げて志願したムミョン!

続いてスホ、パンリュ、真興王(チヌンワン)が志願します!

 

今度いつ会えるか分からない父親に身分や財力にとらわれず弱い人の見方でいてねと話すアロ。
アロは南扶余に行くことを口では伝えらず手紙に綴るのでした。

パロは勝手に真興王(チヌンワン)が使節団に志願した事を怒りながらも、お供出来ない事を悲しみ泣き出してしまいます(;_;)

 

スヨンはパンリュを呼び出して一緒に行けないので自分の髪を渡し照れながらパンリュの頬にキスをします!

去って行こうとするスホンを捕まえて…パンリュからKISS!!!

スヨンとのキスを喜んでいるパンリュのところへカンセンがきて「目を覚ませ。ヨンシル様を失望させるな。」と言うのでした…。

使節団として出発する日がやってきました!

ウィファは予期せぬ事が怒ったら花郎(ファラン)だと言う事を思い出せ!と励ますのでした。

 

Sponsored Link

花郎【ファラン】韓国ドラマ第15話の感想

ムミョンがアロの腕を間違って斬りつけてしまいましたね!

アロは無視するムミョンに腹を立てますが…きっとムミョンは申し訳なくてアロの事を無視してしまっているんでしょうね(;_;)

上手くいかないですね~。

仲良くなっては無視をするムミョン…。

女心分かってないな~!

兄の事を思ってばかりいるアロの事をそれでも好きでいる真興王(チヌンワン)は健気ですね。

私もそんな風に想われてみたい~!

真興王(チヌンワン)は本当にムミョンの事を友達だと思っているんですね!
どんなにムミョンに冷たくされても友達でいたいみたい…。

せつない~!

ウィファが真興王(チヌンワン)が王様であることに気付きましたね!
とぼける事もできたのに王である事を認めたのは、見方が欲しかったからかな~。

なんでアロを南扶余に連れていくのかな~と思っていたけど、アロがくればムミョンも来ると思ってるんでしょうね!

ムミョンが使節団で行くのは納得できるけど、アロを連れて行くのはなんか違うような気がします(;_;)

アロの父親を思う心にじーんときましたね。

使節団として南扶余に行くために準備する花郎(ファラン)たちがなんだか凛々しく見えました!

第16話も楽しみです(*^_^*)

Sponsored Link